大淵裕昭、ランニングにハマる

大淵裕昭は高身長です。190cmもあるため、どこにいてもよく目立つと周囲の人から言われています。大淵裕昭は学生時代にスポーツ系の部活に所属していたこともあり、体つきが良く、見栄えも良い男性です。しかし最近は、健康のために行った禁煙が原因となり、体重が増えてしまったそうです。なぜ禁煙が原因で太ってしまったのかというと、タバコを吸うのを我慢していると、口に何か入れたくなるために間食が増えてしまったのだと彼は言います。

もともと、大食漢でもあり実家暮らしである彼は、母親の手作り料理をよく食べ、間食の量も増えてしまったため、学生時代と比べると10キロも体重が増えてしまいました。なんとかこれ以上の体重増加を食い止めたい大淵裕昭は、体重を減らすためにランニングをはじめました。はじめは、なかなか体重が落ちずに苦労もしていましたが、もともと運動をやっていて、久しぶりに体を動かす楽しさを感じることができたため、ランニングにどんどんのめり込んでいきました。
平日はランニングの時間がとれないため、休日に時間を割いて取り組んでいましたが、ランニングの時間を長くとり、走る距離も少しずつ長くしていきました。ついには、ランニングのためのシューズやウエアも買い揃えたため、休日にはスポーツウエアに身を包んだ大淵裕昭の姿を見たという声もあがっています。

運動をすることで、なまっていた体を動かすことができ、良い気分転換にもなった大淵裕昭は、最近では仕事も順調にいくようになったといいます。大淵裕昭は、一度物事にハマると長く続く傾向があります。メリットを実感したこともあり、彼のランニング熱はさらに高まりました。ランニングを継続することで、かなり長い距離も走ることができるようになったため、数々のマラソン大会にも出場するようになりました。いずれはフルマラソンにも出場したいと考え始めていて、最近では、練習メニューもよりハードな内容に変更しています。たるんでいたお腹も引き締まり、元の体型よりもシャープとなったため、すでにダイエットの必要はなくなりました。しかし彼はダイエット目的ではく、フルマラソンという新しい目標のためにランニングを行っています。いつでも一生懸命物事に取り組む彼は、一度ハマってしまうと継続するだけではなく、高みを目指して追求をしていきます。高身長の彼は走っている姿もよく目立つため、マラソン大会で多くの人と並走していてもすぐに分かるのです。彼が走る姿に魅入られる人も多く、最近では彼を応援している人も増えてきました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東堂一義は、友達に誘われ近年流行っているボルタリングを1年前にはじめました。ボルタリングに関してはま…
  2. img3480efd6eb81aa1a39643cd2463fbe4f37d2ab006189.jpeg
    西多摩郡 老人ホーム「社会福祉法人清快福祉会 特別養護老人ホーム清快園」は自然豊かな環境にあります。…
  3. img1731d29a41e5285d68cf0d3e3368dc056b8a61e56bb7.jpeg
    女性の支援活動を行う一般社団法人東京産婦人科医会   東京で活動を行う一般社団法人の東京産婦人科医会…
ページ上部へ戻る